- - 15年間の海外赴任生活のエピソード - -

記事一覧

ハリーポッターの世界

アップロードファイル 5-1.jpg

今世界中の映画界の話題を浚っているハリーポッターですが、そのモデルとなっている学校はイギリスのグロースター(Gloucester)にあるそうです。(上記絵地図の左端)

余談ですが、イギリスの地名にはよく○○cesterと名の付くところが多いのですが、これらを発音する時は、○○セスターと発音せずに、○○スターと’ce’を発音せずに呼びます。
料理で有名なウースターソースもWorcesteshireというイギリスの地名から付けられ、ウースターと読みます。

アップロードファイル 5-2.jpg

このグロースター市を含むロンドンの北西部にあたる地帯を称してCotswolds(コッツウォルズ)と呼ばれ,そこは明らかに羊の数が人口よりも多いと思われるなだらかな丘の続く田園地帯です。

またこの一帯は、ロンドンからも無理をすれば日帰りが可能でる事から、観光地としても有名で、昔の街並みがそのまま残ったこの地域で豊富に取れる石灰岩造りの家々が立ち並んでいます。
どの町も箱庭のような美しさで、何百年も変わらぬ佇まいを残しています。
そんな村々の中でも、Chipping Campdenは、中世からの羊毛の市場として栄え、今もこの地域で最も美しい村として称賛されている。




イギリス一般を旅行する時もそうですが、此処も観光するには、BB(ベッドアンドブレクファスト)と呼ばれる、いわゆるペンションのようなところに泊まるか、昔のマナーハウスを改造したホテルを予約するのがお薦めです。
アップロードファイル 5-3.jpg
もともとあまり凝った料理のないイギリスですから、食事の味を期待するよりは、全体の雰囲気を満喫するのがコツでしょう。
一般にManor Houseホテルは小規模で、食後に居間でゆっくりとコーヒーを啜りながら、客人同士も歓談する 雰囲気です。



イギリスを訪れた時は、ロンドンのみならず、こんな地方の村々を散策されると良いでしょう。


こんな所にこそ、真のイギリスの魅力が隠されています。

Web Diary